前へ
次へ

不動産売却の印紙税の本則税率と軽減税率

不動産売却の時に使用する不動産売買契約書の印紙税が令和4年の3月まで軽減されています。契約金額が10万円を超え50万円以下の不動産売却に使用する不動産売買契約書に必要な印紙税は、本則税率の400円から200円になっています。50万円を超え 100万円以下の不動産売却に使用する不動産売買契約書に必要な印紙税は、本則税率が1000円なのに対し、軽減税率は500円です。100万円を超え500万円以下のもの不動産売却に使用する不動産売買契約書に必要な印紙税は、軽減税率が適用される場合には1000円です。この場合の本則税率は2000円です。500万円を超え1千万円以下のもの不動産売却に使用する不動産売買契約書に必要な印紙税は5千円で、本則税率よりも5千円少なくなっています。1千万円を超え5千万円以下の不動産売却に使用する不動産売買契約書に必要な印紙税の本則税率は2万円で、令和4年の3月31日までは1万円の軽減税率が適用されています。

Page Top