前へ
次へ

不動産売却で必要経費は仲介手数料

基本的に不動産売却は売った金額がすべて収入につながるわけではありません。不動産売却で純粋な資産として確認できるのは、売却した金額からローンや諸費用などをすべて差し引いた金額です。不動産売却は単純に不動産物件を売っておしまいではなく、売却時に税金など様々な諸費用を差し引くこと、またローンが残っている場合はローンの残債と相殺した結果、残った金額が資金となります。不動産売却で重要な諸費用とは仲介手数料・抵当権抹消費用・印紙税・測量費・建物解体費用・税金です。どれくらい必要となるのかは、一度不動産業者に相談してアドバイスをもらうといいでしょう。不動産売却のための買主を自分自身で探すことは非常に大変となるため、仲介手数料を支払ってでも不動産業者に依頼することは重要です。不動産業界のプロである以上、適切な買主を探すために尽力してくれる可能性は高いです。不動産売却をスムーズに済ませるために、覚えておいてください。

Page Top