前へ
次へ

住宅ローン中の不動産売却における検討すべきこと

不動産売却をしたいのだけれど、住宅ローンの返済が終わっていないという場合があります。この場合、不動産売却を行うことが出来るかどうかが気になるところです。結論としては条件付きで出来るということになります。条件とは、不動産売却を行うのと同時に住宅ローンを完済することができる場合に限るということです。大抵は不動産売却の際に受け取る売却代金を残債の返済に充てることになります。住宅ローンを借り入れる際には抵当権が設定されますので、売却代金を残債の返済に充てることにより、その抵当権を抹消することが可能になります。残債を完済できなければ抵当権を抹消することが通常出来ませんので不動産売却を行うことも通常出来ません。住宅ローンが完済されていない物件の不動産売却を検討する場合は、売却代金が住宅ローンの残債を上回るかどうか、上回ることができない場合は不足額を別に用意することが出来るかどうかを併せて検討しておく必要があります。

Page Top