前へ
次へ

自分が住んでいた家を不動産売却したいなら

自分が住んでいる家を手放したいときは不動産売却のチャンスです。不動産売却は、不動産会社が仲介に入り売主と買主で取引を行います。もし家が気になっているという人が見つかれば内覧する準備をきっちり行いましょう。怠ると家の生活感が前面に出て内覧者の購入意欲が減ってしまいます。使用者がいない綺麗な家となるよう準備しましょう。不動産売却は5~10件内覧して成約することが一般的です。なのでせっかくの内覧希望を断れば不動産売却のチャンスを逃してしまいます。相手が内覧できる都合に合わせて日程調整しましょう。家で大事なのが日当たりの部分です。日当たりを気にする内覧者は多いのでできれば日中に予定を入れましょう。夜中や悪天候だと日当たりが分からず不動産売却につながりにくいです。どうしても日程調整が難しいなら不動産会社に内覧を任せてみましょう。家のカギを預けておけば、内覧日に不動産会社が売主に連絡してくれます。不動産売却を成功させるためにも家の掃除するのは必須です。築年数が古くても綺麗にすれば印象は間違いなくアップします。掃除が苦手な人や汚れが落ちない場所がある場合はハウスクリーニングも利用しましょう。プロが専門の道具とテクニックでどんな場所も綺麗にします。特に水回りは自力では落としにくい汚れが多いのでプロに任せてもいいでしょう。

Page Top