前へ
次へ

不動産売却における減価償却費は何か

物を買うときには価格がつけられていて、新品ならその価格が維持されるのでしょう。しかし使えばどんどん劣化しますし、物によっては使わなくても劣化するときもあります。住宅においても新築で購入したときの価格が使用や年数の経過によってどんどん下がっていくでしょう。不動産売却においては購入額より高く売れるケースはそれほど多くないかもしれません。不動産売却をしたときに譲渡益が発生すれば所得税の支払いが必要になります。普通に考えると購入額より高く売れることは少なそうなので譲渡益も発生せず所得税を支払わず不動産売却できそうです。しかし不動産売却の時には減価償却費を考慮して取得費を計算しなければならず、譲渡益が出る可能性も大きくなります。不動産売却時における減価償却費は経年劣化を税法に基づいて評価したもので、取得価格と経過年数などを元に計算します。あくまでも税法に基づいた計算であって、実際の価値と異なる点に注意しなければいけません。不動産売却時には税理士に減価償却費などを計算してもらって譲渡益が出るかを教えてもらいましょう。

Page Top